厄年とは?厄年はいつ?厄年早見表で確認

思いがけない災難が降りかかったり、ものごとがうまくいかない、あるいは大きな病気や事故や怪我などがおこりやすい年回りとして、古来から忌み嫌われているある年齢が厄年です。

厄年には、神社などで厄除けのお祓いなどをしてもらうのが習慣となっています。

では、厄年はいつなのか?
下記に早見表をつけましたので、ご参考ください。

スポンサーリンク

厄年とは?

厄除け、厄払い、厄年
厄年とは、厄難にあいやすいされている年齢のことです。
厄年の間は、謹んで過ごすのが良いとされています。

厄年の考え方は、中国から伝わった外来思想がもとになっているとも言われています。日本では、『源氏物語』の記述にも厄年のくだりがあり、平安の世には、人々に厄年の考えが浸透していたのがわかります。

その心配な厄年はいつなのでしょうか。
男性と女性とでは、厄年が異なります。

19歳は「重苦(じゅうく)」
33歳は「散々(さんざん)」
42歳は「死に(しに)」

という語呂合わせもある厄年。
具体的な年齢をみていきましょう。

★男性の厄年は?

 前厄  本厄 後厄
 24歳  25歳  26歳
 41歳  42歳  43歳
 60歳  61歳  62歳

★女性の厄年は?

 前厄  本厄 後厄
 18歳  19歳  20歳
 32歳  33歳  34歳
 36歳  37歳  38歳
 60歳  61歳  62歳

厄除け、厄払い、厄年

2020年/令和2年 厄年早見表

今年(2020年/令和2年)厄年に該当するのは、下記の生まれ年の方です。

男性

前厄 本厄 後厄
平成9年生 平成8年生 平成7年生
昭和55年生 昭和54年生 昭和53年生
昭和36年生 昭和35年生 昭和34年生

 

女性

前厄 本厄 後厄
平成15年生 平成14年生 平成13年生
平成元年生 昭和63年生 昭和62年生
昭和60年生 昭和59年生 昭和58年生
昭和36年生 昭和35年生 昭和34年生

厄除け、厄払い、厄年

厄年の数え方は?

厄年は数え年でみます。

日本では、通常、年齢は「満年齢」で数えて社会生活が営まれていますね。
それに対して、「数え年」というのは、生まれた日を1歳として、元旦(1月1日)に歳をとる、という数え方をします。
厄年をみるときは、この「数え年」のほうが採用されます。

数え年は、誕生日前か誕生日後かで年齢計算が変わります。

・誕生日前・・・満年齢+2歳 が数え年
・誕生日後・・・満年齢+1歳 が数え年

早生まれの場合の厄年は?

厄年をみるときに使われる「数え年」は、
新年になると1歳ずつ歳をとる、というように数えられます。
したがって、「○○年生まれの人が今年の厄年」というときに、
早生まれであることは、まったく関係ありません。

厄年の過ごし方は?

厄年を気にする風習は根強いですね。
では、この時期はどのように過ごせばよいのでしょうか。

一般的には、新しいことを始めるには適さない
と言われています。

厄にあいやすい年回りだから、
なるべくおとなしく過ごすほうが無難だ。

とする考え方ですね。

でも、社会で過ごしている以上、
厄年だからとおうちにこもっているわけにはいきません。

そこで、神社などで厄払いをしていただき
気をつけながらも、安心して過ごそうとする方が多いのです。

厄年 厄除け 厄祓い 東光寺
こちらは、厄除けで全国的にも有名な関西にある東光寺。
※門戸厄神 東光寺(兵庫県西宮市)

厄除け・厄払いはいつまでにするのがいいの?

厄除け、厄払いはいつまでにすればよいのかには諸説があります。

・元旦~1月3日まで
・元旦~1月7日まで
・元旦~節分まで

いずれにしても、年が改まったら、早めにする方が多いようです。

ただ、絶対にこの日までと決まっているものではないので、
「厄除けはいつ行ってもOK」とされています。
思い立った時にされるのがよいようです。

厄除けと厄払いの違いとは?

「厄除け」は、厄がつかないようにご祈祷してもらうことで、いわば予防の意味があります。お寺でするのが「厄除け」です。

「厄払い」は、今ふりかかってきている厄を除いてもらう、災厄を祓ってもらうためにご祈祷してもらうことです。神社でするのが「厄払い」です。

違いをまとめると、下記のようになります。

・「厄除け」はお寺でご祈祷してもらう 厄がつく前に行う 護摩祈祷
・「厄払い」は神社でしてもらう 災厄を祓ってもらう 幣(ぬさ)をふって祝詞(のりと)を読み上げてもらう

地元の人々が、厄除け・厄払いに出かける著名なお寺や神社もありますが、ご祈祷を受け付けているところなら、たいてい厄除けや厄払いもしてくれます。

お祭りや結婚式など、その他行事があるときにはご祈祷をしていただけないこともありますので、事前に問い合わせをして出かけるほうが安心です。

このご時勢ですので、インターネットを利用したご祈祷も増えているようです。

「恩羅院(おんらいん)」インターネット供養寺

公式ページ
ウェブ上で、ご先祖の供養、祈願、厄除けなど、
通常のお寺で行っていることのすべてをウェブ上で申し込みすることができます。
ご利益は、リアルのお寺とまったく変わらないとのことです。

画期的ですね。

「関善光寺」ZOOMとスマホを使った厄除け祈願ができる

公式ページ

厄除け・厄払いの時の服装は?

厄除けや厄払いをしてもらう時の服装は、
神様への敬意を表することができるような落ち着いた服装を心がけましょう。

フォーマルな服装、あるいはそれに準ずる服装で、
露出が少なく、あまりに派手でないものが好ましいとされています。

お寺や神社によっては、服装の指定があるとこもあります。
「平服で」あるいは「礼服で」などの指定です。
指定がある場合には、参拝するお寺や神社の指定にしたがいましょう。

タイトルとURLをコピーしました