外出時にもらった悪いエネルギーを浄化させる方法

開運コラム
スポンサーリンク

人は必ず周りの環境からエネルギーを受けています。

人手が多いところに外出すると
ぐったり疲れてしまう経験、
多くの方にあるのではないでしょうか。

外出すると、
嫌でも他人からのエネルギーを受けてしまいます。

さまざまな宗教でも、
人の何かに「融合する」
という言い方をしていたりします。

そのエネルギーが波動の高いものならラッキーですが、
そうばかりではありません。

むしろ、波動が低いことのほうが多いのが現実です。

その受けてしまった悪いエネルギーは運気を下げてしまいますね。

外出で受けてしまった悪いエネルギーを浄化させる方法をいくつかご案内します。

スポンサーリンク

手洗いで浄化する

今の時代、
みんなががんばって手洗いを励行していますね。

衛生面のみならず、
エネルギー浄化の観点からも
手洗いはとても有効です。

手は外出した際に多くのものに触れています。
そこからエネルギーをもらっていて、
そのエネルギーが残っています。

ですから、帰宅したら、
手洗いの水が光のシャワーになって、
悪いエネルギーも一緒に流れ落ちていくことを想像しながら手洗いしてみましょう。

ホワイトセージで浄化する

ホワイトセージは、ハーブの一種で、
浄化に使われることで有名です。

乾燥させた葉をいぶして、
スマッジングという浄化方法として行われます。

スマッジング
乾燥した葉に火をつけて、
炎が安定したら火を消して煙でいぶす

ふつうにネットショップで広く販売されています。

便利なのがスプレータイプのもの。
携帯できていいですね。

手作り浄化セージスプレーの作り方

また、セージスプレーの素などを購入して、
自分で浄化用スプレーを手作りすることもできます。

セージスプレーの素のセージオイルは
ネット通販などで簡単に手に入ります。

◇材料◇
・浄化セージスプレーの素
・浄化水◇作り方◇
浄化セージスプレーの素を、浄化水で薄めるだけです。好みで、フラワーエッセンスや製油などを加えて、
オリジナルの香りで楽しむこともできます。また、こちらも好みで濃度を変えることで、
自分にとって使い勝手のよい浄化スプレーとなります。

ブラックセージで浄化する

ホワイトセージと並んで
浄化に使われるのが ブラックセージです。

ブラックセージはアメリカ北部に自生するキク科の多年草。

マグワートとも呼ばれ、ネイティブ・アメリカンが
古くから儀式やヒーリングに使用してきたものです。

爽やかな香りが心地よいハーブです。

健康と希望のシンボルとされており、
病などの悪いエネルギーを追い払ってくれるとされているので、
外出から戻った際にブラックセージを焚いて、
さっぱりするのがよいでしょう。

夢やビジョンからヒントを得るために、
枕に入れて眠るとよい答えにあえるとも言われています。

お塩と日本酒を入れたお風呂に入る

お風呂で体を浄めるのは
とても良い浄化の行動です。

このとき、お風呂にお塩と日本酒を入れて
ゆっくり湯舟につかると
体にとってもエネルギーにとっても
大きな浄化が期待できます。

お塩は一握りくらい。
日本酒は1~4合くらい。

塩は、深いところにあるものを外に出す力があり、
日本酒には表層の邪気を払いのける力があると
言われています。

お塩の代わりにお風呂専用のエプソムソルト
使われるのもおすすめです。

エプソムソルトもネットで販売されています。

エプソムソルトとは
「硫酸マグネシウム」の一般名称。
硫酸マグネシウムの純粋な結晶で、塩分は含みません。
お肌に優しく、浴槽も傷めず、
毎日お風呂で摂ることができるサプリメントです。

ラベンダーのアロマバスにつかって浄化する

エプソムソルトは浄化のための入浴剤として有名ですが、
手に入りにくい場合や、気分を変えたい場合には、
ラベンダーを入れたアロマバスもおすすめです。

ラベンダーには、ハーブとして下記ような効能があるとされています。

・気分を落ち着かせて、睡眠を促す。
・抗ウィルス作用があり、呼吸器系の強壮に役立つ。
・ストレスを緩和させ、リラックスホルモンのセロトニンが出やすくなる。
・こわばった筋肉を柔らかくほぐす作用がある。

ですから、1日の締めくくりに、
ラベンダーの精油をたらした湯舟にゆったりとつかり、
心と筋肉、両方のこりをほぐすことで、
ストレスから逃れ、深い眠りを得るようにしてみましょう。

使いかたは簡単です。

◇使い方◇
バスタブにラベンダーの精油を数滴たらすだけ。

塩は浄化の強い味方


古今東西、古代よりお清めに用いられてきたのがお塩です。
お塩で浄めるというのは、人類に共通の歴史ある方法なんですね。

塩はものを腐敗しにくくする作用があるとして、
食品保存にも使われてきました。

腐敗しにくくなる ⇒ 穢れを祓う

として、浄めのために使われるようになったということです。

また、風水的も塩がお清めに使われるいわれがあります。

風水では、

塩は陽に属します。
陽は外に出す力が強いものです。

そこから、

塩(陽) 陽は外に出す力が強い ⇒ マイナスな影響や邪気などの悪いものを外に追い出す

として、お塩が使われてきました。

塩を使った浄化の方法 1 塩で体を洗う

塩で体を洗うことによって、
マイナスなエネルギー、邪気、念などを洗い落とし、
心身を浄化します。

また、塩によって血行を良くする効果も期待できます。

◇塩で体を洗う浄化のやり方◇

身体をお湯で濡らしてから、
粗塩を手に取り、少しずつ体にすりこみます。

頭、首の後ろからはじめて、
首、手首、足首、両肩、肩甲骨、腕全体、胸、足の付け根、お尻、足裏

と順にすりこんでいき、
30秒~1分ほど放置してから、お湯で体を流します。

塩を使った浄化の方法 2 塩で手を洗う

外出先などにいて、全身を洗うことができない場合、
手を塩で洗って浄化する方法です。

やり方は、全身の場合と同じです。

◇手を塩で洗って浄化する◇

手を濡らしてから、

手の甲、指の間、指先 と粗塩をすりこみます。
指の間は念入りにします。

30秒~1分ほど放置してから、水で洗い流します。

塩で浄化する方法 3 塩風呂に入って邪気払いする

悪い流れを変えたい時には塩風呂につかるのがおすすめです。

湯舟につかるのは、魂を復活させて、
常世の国の霊泉につかることに通じます。

神道では「常世の国」から湧き出る泉は霊泉とされています。
霊泉とは、つかることで霊魂に生気を与えることができるものと信じられてきたものです。

浄化の意味のあるお塩を入れた塩風呂に入ることで、
心身ともに浄められると考えられているのですね。

確かに、塩風呂はミネラルも豊富で気持ちの良いものです。
お試しになってみられてはいかがでしょうか。

塩で浄化する方法 4 お塩で雑巾がけをする


お塩をを使ったもうひとつの浄化の方法。

お掃除のときに、お塩をひとつかみ入れたお水で雑巾がけをするというものです。
薄い塩水でだいじょうぶです。

すみずみまでふき上げると、とてもさっぱりします。

ここにハッカなどを加えてもすっきり感が増します。

ただ、もし猫ちゃんのいらっしゃるお宅の場合には、
猫ちゃんはハッカなどハーブ全般、
苦手ですのでご注意くださいね。

 

スピリチュアル専科
人生の中で、ほんとうに困ってしまったとき。どうしよう・・・なんとかこの苦しい状況を良い方向に向かわせたい。どうすればいいのかしら。誰かにアドバイスしてもらいたい。そもそも、私の運勢ってどうなのだろう・・・。どの道を進めば幸せになれるんだろう
タイトルとURLをコピーしました